<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0134047_23101559.jpg




フードアナリスト・: 野満 健士さんによる第一回

「第一回 酔ミングクラブ ~ワインでおもてなし~」


a0134047_23165696.jpg



a0134047_23175259.jpg




P'sも第一回となる asobi/Shar spaceとしての開放イベント♪


たくさんのお客様に来て頂いて大いに盛り上がりました。



a0134047_23223862.jpg



a0134047_23265280.jpg



a0134047_23273882.jpg



a0134047_23281277.jpg



a0134047_23285372.jpg




お手伝いに回っていたので写真がうまくとれませんでした・・・
ごめんなさい。



いやあ~
美味しい料理と、美味しいワイン
まさに至福のひとときでした。

大好評により第二弾も企画中とのこと。

次回は是非皆様おいでくださいませ♪


a0134047_23321233.jpg
























a0134047_1237332.jpg


P's
[PR]
by pschild | 2014-02-24 23:34 | P's

0







a0134047_10154046.jpg







0

切り離した断片をつなぎあわせ


新しく作り直す前に


一度ここから初めて見るのも


良いのかもしれません。








a0134047_1223181.jpg

[PR]
a0134047_17213390.jpg


a0134047_1721895.jpg


a0134047_1720463.jpg




a0134047_17231263.jpgFRANCESCO CLEMENTE
1952年イタリアに生まれ。1980年代に脚光を浴びたニューペインティングの作家達の中で、
キア、クッキと共にその頭文字からイタリアの3Cと呼ばれている。
ローマ大学に学び、アルテ・ポーヴェラの作家などに影響を受け1971年にローマで初の個展を開いた。
1973年にはインドに渡りローマ、マドラス、そしてニューヨークに拠点をかまえる。
1980年のヴェネチア・ビエンナーレで話題を呼び、84年にバーゼル美術館で個展が開かれた。
キリスト教の神や原始の異教的な神話や神々に興味を持った彼が描くイメージは、
しかしその図像学的な意味を拒んでいる。そのためにそのイメージは奥行きには欠けるが、
かえってイメージそのものの力を感じさせることになっている。
ニューペインティングの作家らしく、主観的で粗い筆触を持つが、
時には線を重視したドローイング的な側面も持った彼の作品は、
エネルギーよりもむしろ彼自身の世界観のあやうい均衡を思わせる。

映画「大いなる遺産」のなかで主人公フィンが
劇中の中で描いていた絵の作家さん。
映画を見ていた時にオープニングからその絵の素敵さにドキドキしてみていて一目惚れした作家さんです。

スケッチブックに描かれた魚、ヒトデ、
ヒロインを描いた絵、全てが
絵を描きたくなるほどドキドキする作品たちでした♪
















umitsuki




a0134047_18172586.jpg

[PR]

a0134047_18395420.jpg




MatchAtria


"MatchAtria" Yui Kawaguchi x yoshimasa ishibashi












umitsuki




a0134047_18172586.jpg

[PR]
←menuへ