菊地成孔 京マチ子の夜









ナタリーより引用

1963年千葉県出身。ジャズミュージシャンとしてそのキャリアをスタートし
、現在は文筆家、作詞家、作曲家、音楽講師など多彩な活動を行う。
1984年にTHE FIFTH DIMENSIONのバックバンドでサックス奏者としてプロデビュー。
その後、山下洋輔グループやティポグラフィカ、グラウンドゼロなどに参加する。
2004年からは東京大学、東京芸術大学、慶應義塾大学などで教鞭を執り、
主にジャズに関する講義を担当。
数々のバンドへの参加を経て、現在は菊地成孔ダブ・セクステット、
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENの3バンドのリーダーを務める。
2010年に10年分の全仕事をUSBメモリに収録した音楽家としての全集「闘争のエチカ」を発表。
2011年4月からはTBSラジオで「菊地成孔の粋な夜電波」のパーソナリティを担当している。



セピア色に見せる音色は


大人なんだなあ♪なんて思います。









[PR]
by pschild | 2013-02-09 19:35 | oto
←menuへ